K-OFFICEでスマホ対応ワードプレス制作

K-OFFICE

Bebop Drone

drone2

Parrot社「Bebop Drone」が4月3日に日本で発売開始されましたので私も購入しました。

おもちゃのラジヘリでは操縦に苦労しましたが、今回購入したヘリは、独力で離陸地点に帰還したり、一箇所でずっとホバリングすることが出来る優れものです。

また、送信機は付属しておらず、変わりにスマホとかタブレットで操縦します。スマホを前後左右に傾けることにより、前進、後進、左右に旋回させることが出来、操作がすごく楽になりました。ヘリコプターというよりプロペラ付きカメラという感覚で空撮を楽しんでいます。

ただ最近はドローンが、紙上を色々賑わしておりますので、操縦するときは、事故を起こさないようにとナーバスになりますね。

Google公式アナウンス

Google検索結果の上位表示のためには、スマホ対応が必須条件であるという以下の、公式アナウンスがGoogleよりありました。

2015 年 4 月 21 日より、Google の検索結果のランキングを決める要素の 1 つとして、モバイルへの対応度が追加されます。この変更は世界中のすべての言語のモバイル検索に適用され、Google の検索結果に大きな変化をもたらします。つまり、ユーザーの使っている端末に適したウェブページやアプリが、従来よりも検索結果の上位に表示されるようになります。

→詳細情報

ラジコンヘリ

drone

最近ドローンヘリの話題が耳目を集めているので感心を持つようになりました。特に目的があるわけではありませんが、自分で操作してみたい、航空写真を撮ってみたいという好奇心から初心者用おもちゃのラジコンヘリを買いました。価格は1万円で空撮用のカメラも内蔵しています。

最初に取説を見ながら室内で操作しますが、なかなか思うように飛ばすことが出来ません。場所が狭いので巧くいかないのかと思い、公園で飛ばしたら木の上に乗ってしまったり、グランドのネットに引っかかったりと回収するのに苦労しました。

最初は簡単に考えておりましたが、解ったことはラジヘリを飛ばすのはかなりの操作スキルが必要だということでした。それからネットでラジヘリの上達法を探して、室内で練習しています。最近は外でもそれなりに飛ばすことが出来るようになりましたが、機体が遠くなると前後左右の姿勢が分からず、操作不能になることが時々あるので事故を起こさないよう要注意です。

やってみると、ラジヘリを飛ばすのは楽しいです。ラジヘリの基礎知識、基本操作を習得しましたので、最近はもう少し上のレベルのラジヘリ購入を検討しております。